モバ売り屋〜携帯電話販売員の先輩からのココだけの話~

携帯電話販売員の先輩からのココだけの話~ブログ製作は初心者のため、カスタマイズが雑な部分ご容赦下さい。

未分類

【販売員向け】どうでもいい事かもしれないがどうしても書きたい、ハイカウンターとローカウンター〜ハイカウンターがもたらす足底筋膜炎とは?

投稿日:2020年11月14日 更新日:

気になるお店のカウンターの高さ

例えば店舗を異動するときや、初めてのキャリアで店舗の配属先が決まった時、今となっては、真っ先に気になる事がある。

それは、「嫌な先輩はいないかな」「店長優しい人だったらいいな」とかと同じくらい、いや、それ以上に気になるかもしれない。

『そのお店、ハイカウンターか、ローカウンターか』

ショップでも量販店でも、売り場には必ず「カウンター」というものがある。お客様に椅子に座って頂いて、パンフレット広げて丁寧に案内したり、紙に書いて見積もりを出したり、最終的には契約手続きを行なうところ。

「ハイカウンター」と「ローカウンター」


ハイカウンターとローカウンターは、単純に、カウンターの高さ。ハイの場合は高めの椅子にお客様に座って頂き、ローの場合は低い椅子に座って頂く。そして、この2つの、我々販売員にとって一番大きな違いは、

ハイカウンターの場合、大抵は販売員側に、椅子がない。

という事。つまり、ハイカウンターのお店に配属になると、什器回りにいる時は立ちっぱなし。カウンターで案内する時や、契約手続きをする時、さらに、カウンターで何かしらの事務作業を行なう時も、立ちっぱなし。

つまり、

『休憩とトイレ以外は、基本的に一日中立ちっぱなし』

という事になる。


一日中立ちっぱなし

ショップや大きな量販店だと、バックヤードに事務所みたいなスペースがあって椅子などもあるだろうが、下っ端の我々イチ販売員が悠々とバックで座って一日中仕事が出来るわけがない。

ハイカウンターのお店なら、基本的に、『一日中立ちっぱなし』だと思って下さい。

ちなみにローカウンターのお店だと、大体は販売員側にも椅子が置いてあり、案内や契約、またPOPを切ったり貼ったりなどの事務作業の時は、販売員も椅子に座ることが出来る。

※あくまでも、必要に応じてカウンターを使う時に座れる、という事であり、お客様もいないし事務作業でもないのに暇だからって座って楽してスマホ触ったり喋ったりばかりしてると、一発退場、出入り禁止、派遣会社担当呼び出し、など考えられるのでご注意を。

※たまに、椅子の数が足らなくて、ローカウンターでも販売員のほうは椅子がなくて地べたで膝で立って……という店もある。

ハイカウンターとローカウンターの差

さて、もちろん、世の中には「一日中立ちっぱなしの仕事」なんて山程ある。だからハイカウンターだからといって文句ばかり言ってはいけない。

しかし、ハイカウンターのお店とローカウンターのお店で、1日に使う労力は、まるで違う。ローカウンターだったら足が痛くなったら「ちょっと調べものを」と称して10分くらい座ったり等は可能だが、ハイカウンターだとそれすらも出来ない。いくら足が痛くても、売り場にいる以上、立っているしか無いのである。

両方で働いた事のある僕は、その差は歴然としてわかる。

そして『足底筋膜炎』に

それにより、僕はハイカウンターの店で4年くらい経った頃、『足底筋膜炎』という病気になった。

足底筋膜炎とは、長距離ランナーや、立ちっぱなしの仕事の人がなるらしい、足の裏の「足底筋膜」という部分の炎症により、歩く時、主に、座ったり立ち止まってたりしている状態から「歩き始める時」に、激痛が走る病気。

この症状が出て、たまらず病院でレントゲンを撮ってもらったところ、すぐに、足底筋膜炎である事がわかった。足底筋膜が伸びる時=地面に足をつけて土踏まずの部分がペタンと平たくなる時に、腱の根元の炎症が痛みを呼び起こすらしい。

親切な整形外科医の方が、足底筋膜炎患者向けの、土踏まずのところに入れるクッションのようなものがあって、それを使うとマシになるよと教えてくれて、実際に痛みが緩和されたので、今でもそのクッションを毎日装着して仕事をしています。

あ、みんながみんな、こんな病気になるわけではないので、そんなに怖がらないでね。

とにかく、この記事を読んでくださった販売員の方は、配属先が決まる時、ハイカウンターかローカウンターかで、一喜一憂してほしいのです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【ご利用者様向け】「お店に行ったらすぐ契約できる」は大間違い!〜その日のうちに契約できない、たくさんのパターン

ご来店のお客様の一言に驚き!「今日の夕方から‥‥」「店に行ったら契約出来て当たり前」は違う『当日中に契約出来なかったお客様』の例 ご来店のお客様の一言に驚き!「今日の夕方から‥‥」 ある日の午前中、あ …

no image

【販売員向け】ショップか、量販店か。〜買う側も売る側も、その両者で全然違う〜

携帯電話販売員が主に働く場所、「ショップ」と「量販店」。「ショップ」とは?「量販店」とは?「ショップ」と「量販店」どっちがいいの? 携帯電話販売員が主に働く場所、「ショップ」と「量販店」。 例えば、知 …

no image

【ご利用者様向け】意外と厄介な「委任状」の正しい使用方法〜どぉぉぉしてもご本人様ご来店不可の場合

「代理人」は最終手段委任状を記入するのは誰「代理人受付」よりご本人来店代理人受付注意点①あくまで全てご本人様が記入する事②記入日の記入③契約内容の部分の記入忘れなどの不備④委任状以外にも必要な書類があ …

no image

【ご利用者様向け】タブレットを携帯電話会社で買うのは慎重に〜ほとんどのお客様が携帯電話会社でタブレットを買うと損をする?!

携帯電話業界では『当たり前』だと思っていても、意外にお客様はご存知ない事が、いろいろある。 未だに、「今、SONYのiPhone使ってるんだけど」とおっしゃるオジサマもいらっしゃるくらいです。 しかし …

no image

【ご利用者様用】タブー?大人が「学割」を適用させる方法〜そもそも学割が0歳から適用可っていう時点でおかしい

この時期(この記事を書いている1月)、いつも、この不自然さに首を傾げる。 学割でスマホを利用しているのが「子供」だけじゃないって本当?学割の手続きとは大人が学割でスマホを使える理由「大人学割」の適用に …